参加者の声

若い方ならではの着眼点、発想に刺激を受けました。
社会に出たらその発想力を生かし、世の中に新しいものを生み出してくれるのではと期待が高まりました。

発表者のアイデアがすごく斬新で、開発者としてすごく良い刺激になりました。

実際に形になるものを作ってみないと得られない経験ができました。審査委員の方から現場の意見をいただき、その後の学生生活でも実務的な要素を取り入れ考えながら開発することができました。参加して本当に良かったと思います。

初めて作品作成だったので、勉強しながらの作成で、バグの原因が分からず数日かかったり、スケジュール通りに進まず、徹夜で作業してなんとか間に合わせる事が出来ました。
コンテストでは、賞をとることはできませんでしたが、デジタルコンテストを通じて新しい技術とチームで開発する大変さを学ぶことができました。

ジュニア部門では、作品に小学生らしさがでつつも、プレゼンはしっかりとこなしている姿にギャップをうけました!
大変微笑ましかったです。

審査員のコメントや指摘が実際に業務をしている人の視点での指摘であり、充実していました。
このアドバイスは今回発表にした作品に限らず、今後の学習や就職後の業務にも活かしていけるのではと思いました。

様々な業種の方の話が聞けて良かったと思います。
現役でお仕事をされている方の講演は、経験談を踏まえているのでとても説得力があり聞きごたえ抜群でした!

長崎の学生を応援できる素晴らしい機会なので、これからも開催を楽しみにしています。

未完成の作品でもみなさん堂々としていていさぎよかったです。
一方、レベルが高い作品は、かみくだいて説明しようとする生徒さんの姿勢に好印象をうけました。

規模が大きくなったら、学生の部と社会人の部を行ってもよいと思いました。

たくさんのご感想ありがとうございました!